陣痛促進剤と出産の体験談 | Become a Great Mom!

Become a Great Mom!

♥できる母ちゃんになるナースブログ♥

陣痛促進剤と出産の体験談

      2017/02/06

胎児発育不全の為、予定より早くラミナリアと陣痛促進剤を使用して出産しました。

出産前日となった日の夕方からラミナリアで子宮口を広げます。夜間 誘発陣痛はあったけれど、翌朝、子宮口は1cmしか開いておらず、出産当日の朝、陣痛促進剤を使っての出産です。医師の話では促進剤は少量ずつ、しかも初産なのでまだまだ数日かかるかもといわれていました。

しかし、促進剤の量を増やすとともに激痛が合間なく襲ってきます・・・
私は昔から薬が効きやすく、胃カメラの際など安定剤を使うと終了後も4~5時間寝入ってしまう事がありました。

使用開始3時間後には、陣痛の間隔もなくなります。促進剤で子宮が破裂したらどうしようなんて考えていました。
痛みで柵を握り締めることがやっとで、急いで分娩室へと連れて行かれるものだから、結局夫には産んだ後に連絡することになりました。


SPONSORED LINK

這い蹲って分娩台にのり、促進剤を使用してから続く痛みで会陰切開も気がつかず、全てを吐き出したい気持ちで、数回いきむと娘は元気に産声をあげます。

2230gの小さい女の子
抱っこする間もなく顔もろくに見れないまますぐに保育器に入れられて連れて行かれる娘・・

夫に電話したのはその後です。
『もしもし、産まれたよ』

『え?今日なの??』

安堵したせいか睡魔に教われました。

夜になって 来院した夫と私は会いに行きます。先生からお話がありました。
小さい事と、心室中核と心房中核の穴が大きい為、しばらくNICUで全身管理をする事になりました。

娘の手はシーネ固定されており、細い血管に点滴。鼻管にモニター・・チューブだらけですが、か細い体で頑張っていました。

私の胎盤が300gちょっとと小さめだったのですが、胎盤梗塞があり、娘に栄養が届きづらかったようです。
たくさん心配しました。無事に産まれるって本当にありがたいです。


SPONSORED LINK

 - 出産