【一覧表】これですっきり!!インスリン製剤の発現時間と特徴 | Become a Great Mom!

Become a Great Mom!

♥できる母ちゃんになるナースブログ♥

【一覧表】これですっきり!!インスリン製剤の発現時間と特徴

      2017/02/06

インスリン製剤の種類

インスリン製剤はキッドになっているものと、バイアルになっているものがあります。病院によって決まったものを使う事が多いのですが、病棟でよく使うインスリン製剤のそれぞれの特徴をまとめてみました。

分類 商品名 発現時間 最大作用時間 持続時間
超即効型 ヒューマログ注キット 15分以内 30分~1.5時間 持続は3~5時間
★皮下注射後10分程度で効果が現れるため食事の直前に注射しても間に合う。作用持続時間も3~5時間と短い ノボラピッド注300フレックスペン 10分~20分 1~3時間 3~5時間
ヒューマログ注バイアル100単位/ml 15分以内 30分~1.5時間 3~5時間
ノボラピッド100単位/mlバイアル 10分~20分以内 1~3時間 3~5時間
速攻型 ノボリンR注フレックスペン 30分 1~3時間 5~7時間
★皮下注射後約30分で効果が現れる。作用持続時間は約8時間、食前に単独、または中間型製剤として注射する。 イノレットR注 30分 1~3時間 8時間
ヒューマリンR注U-100 30分~1時間 1~3時間 5~7時間
ノボリンR注100 30分 1~3時間 8時間
混合型 ヒューマログミックス25注キット 15分以内 30分~6時間 18~24時間
★速攻型と中間型のインスリンが混合され二つの効果を併せ持っている。作用持続は24時間。 ヒューマログミックス50注キット 15分以内 30分~4時間 18~24時間
ノボラピット30ミックス注フレックスペン 10分~20分以内 1~4時間 24時間
ノボリン10R~50R注フレックスペン 30分 2~8時間 24時間
イノレット10R~50R注フレックスペン 30分 2~8時間 24時間
ノボリン30R注100 30分 2~8時間 24時間
中間型 ヒューマカートN注キット 1~3時間 8~10時間 18~24時間
★作用持続時間は約4時間 ヒューマログN注キット 30分~1時間 2~6時間 18~24時間
イノレットN注 1.5時間 4~12時間 24時間
ノボリンN注フレックスペン 1.5時間 4~12時間 24時間
ヒューマリンN注U-100 1~3時間 8~10時間 18~24時間
ノボリンN注 1.5時間 4~12時間 24時間

名前が似ているインスリン製剤

超即効性のものと即効性のものは透明で、作用時間が長いインスリンは白く濁っていたり、種類は違っていても中間型のインスリンはNだったり、なんとなく特徴がありますが、そんなうろ覚えが危険だなぁと思っています。


SPONSORED LINK

低血糖が起きてしまったら

低血糖症状といえば

インスリン使用後に食事が取れなかったり、コントロールがまだうまく出来ない時期など、個人差がありますが「動悸」「震え」「頭痛」「脱力感」またイライラしたり、異常な空腹感を訴える方もいます。言葉を発する事ができない患者さんがいつもの様子が違うと感じた時、血糖測定すると低血糖だった・・なんてこともあります。

一般的には80mg/dl程度でもこれらの症状が出現する事もあり、普段高血糖状態が続いていた方はもっと数値が高くても低血糖症状が出現する事もあります。

糖尿病が元でおこる低血糖は、インスリン製剤や内服をしている患者さんにしか起きないそうです。

対処方法は?

入院中はブドウ糖10g摂取してもらいました。それでも症状が改善しないときにはさらに血糖測定を行い追加で摂取するか、もしくは50%グルコースなど注射をしていました。

退院後の患者さんに、ブドウ糖が無い場合は飴やジュースの摂取を指導しますが、吸収速度は遅いのでお勧めはできません。また、ベイスンなど内服している患者さんは砂糖を摂取しても吸収を遅らせる作用があるので、必ずブドウ糖の携帯を指導していました。


SPONSORED LINK

 - 看護