新生児の黄疸 光線療法しました【画像あり】 | Become a Great Mom!

Become a Great Mom!

♥できる母ちゃんになるナースブログ♥

新生児の黄疸 光線療法しました【画像あり】

      2017/02/06

娘は黄疸が強く、生後1週間後もビリルビン値が18mg/dlあったので光線療法を行いました。

新生児にみられる黄疸とは

黄疸には病的な黄疸と生理的な黄疸があります。

病的な黄疸とは、生後24時間以内に強い黄疸が見られ、溶血性黄疸や、新生児肝炎症候群、先天性胆道閉鎖症などがあります。

生理的な新生児黄疸とは、ほとんど赤ちゃんにみられます。黄疸のピークは生後3日、2週間もすれば徐々にひいてきます。赤ちゃんは、産まれたばかりの頃は肝臓が未熟で、本来肝臓で処理されるはずのビリルビンが体外に排出できず、皮膚や眼球を黄色くさせるそうです。


SPONSORED LINK

光線療法しました

娘は新生児黄疸が消失してくるのが遅かったので、生後1週間目に光線療法を行いました。

光線療法とは特殊な蛍光灯を体にあてて行います。これにより、体内のビリルビンが解けて排出されやすくなるとか・・

オムツ一枚になり、目を保護する為アイマスクして24時間継続で実施しました。

終了後採血をして効果を確認しました。見た目はなんとも可哀想なのですが、赤ちゃんは気持ちが良いらしいです。PIC_0058

ビリルビン値が高い時にはおっぱいを飲もうとせず寝入ってしまう状態だったのですが、治療後はゴクゴクとおっぱいを飲むことができました。

肝機能が弱っていると大人も倦怠感があるように、赤ちゃんもだるかったんですね。

黄疸はいつまで続くの・・

【生後4日】ビリルビン値18mg/dl
image

【生後一カ月】ビリルビン値は7.8mg/dl
image

眼球黄染もあり、肌もまだ黄色いです。母乳で育てていると黄疸は消失しにくいと言われていますが、基準値内なのでさほど気にしなくてよいそうです。それよりも沢山飲んで沢山排便したほうが排出されます。

【生後三ヶ月】ビリルビン値は0.4mg/dl 黄疸はほぼ消失しました。眼球や、肌の色の黄色さがなくなりました。顔→手→足の順に色が抜けていきました。
image

半年たった今、色白ではありませんが・・健康的な肌の色です。


SPONSORED LINK

 - 病気