授乳中の副鼻腔炎と処方 | Become a Great Mom!

Become a Great Mom!

♥できる母ちゃんになるナースブログ♥

授乳中の副鼻腔炎と処方

      2015/10/30

授乳中の副鼻腔炎 薬は大丈夫?

最近副鼻腔炎になりました。大丈夫だと言われていても不安だったのが薬です・・。今回私は クラリス(抗生剤)が処方されました。

薬剤師さんに聞くと、クラリスは弱い抗生剤であるし、子供にも処方される薬なので、薬を飲んだ後は8時間はあけて母乳をあげればよいとの事でした。

しかし、生後3ヶ月の娘はすっかりおっぱい星人であり、
今まで3時間ごとに授乳していた為、8時間おきは難しいので粉ミルクを試す事にします。

もともとNICUに入院していた娘は哺乳瓶は慣れているはずだったのですが
いつのまにか断固拒否・・
哺乳瓶の中身を搾乳した母乳にしても駄目。哺乳瓶や粉ミルクを買いかえたり、暖めたりするも何をやっても拒否が続きました。


SPONSORED LINK

娘がミルク瓶で飲んでくれた日

ある日、前回の授乳から5時間、入浴も済ませお腹を空かせてから、家庭支援センターから訪問してくれた保母さんがトライしました。二日連続で来て頂き、1日目は完全拒否だったのがどういうわか、二日目はどういうわけか・・飲んでくれたのです。

この方、何十年も子供を見て退職されたベテラン先生だそうです。プロってすごい・・

この日は、乳首も容器も思ったより温度を高めに作りました。
色々な哺乳瓶を試した結果、娘にはピジョンの母乳実感が一番あっていたようでした。

この日に哺乳瓶で飲むことのスイッチが入った娘はその後は私が飲ませても嫌がらずに飲むようになりました。
私の副鼻腔炎は一カ月近く症状が続き、連日38度越えながらの育児はしんどかったのですが、薬を飲めてこれで治るのかと光がさしてきました。

相談する事って大切ですね。私は頼ってばかりですが・・

後日 娘の主治医に私の薬のことを相談すると、クラリスなら母乳を飲ませて問題はないとの事、免疫や栄養等、母乳の有益性のほうがはるかに優先されるそうです。

さらに向精神薬や麻薬、抗癌剤以外の薬はほとんど大丈夫であるといわれました。

雨の日も、風邪の日も、頭痛の日も、熱の日も。お母さんの健康って大事ですね。


SPONSORED LINK

 - 病気